作る楽しさ、食べる幸せ!! !           甘味材料屋 すかいSKY

材料屋のおかみが選んだ厳選素材を使って、おうちで簡単にお菓子が作れます。 材料集めも、計量も、ぜーんぶおかみがやっちゃいました。
あなたは、愛情込めて作るだけ・・・
甘味材料屋 すかいSKY(http://tezukuri-sky.com/)をどうぞ宜しくお願いいたします
<< 初体験! メディアデビュー!!! | main | 王監督、完走に向け“自主トレ”を開始 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
桜餅、発祥は・・・
1月も残り3分の1をきりました。
毎日がバタバタといってしまいます。

2月は逃げていく。

3月は去っていく。

先人はうまいことを言われますね^_^;


桜餅が最初に作られたのは江戸時代、向島の長命寺だと謂われています。

山本新六という人物が享保二年(1717年)に、土手の桜の葉を樽の中に塩漬けにして試みに桜餅というものを考案し、向島の名跡長命寺の門前で売り始めました。その頃から桜の名所であった隅田堤は花見時には多くの人々が集い、桜餅が大いに喜ばれ、これが江戸に於ける桜餅の始まりだそうです。

「山本や」…「東京都墨田区向島5丁目1の14」にある「長命寺の桜もち」と書かれたのれんや看板が目立つ長命寺の勝手口のすぐ近くにあります。店内には長命寺桜餅しか置いてなく、バラ1個180円、箱詰めは6個入り1200円〜50個入り9300円まで9種類、籠詰は12個入り2700円〜30個入り6200円まで4種類あります。また、お召し上がりといって店内でも食べられます、この場合桜もち2個とお茶が付いて450円です。定休日は毎週月曜日。

山本新六という人物は「山本や」さんの創業者だそうですが、江戸時代から
「長命寺の桜もち」だけを販売してきたなんて・・・

関東で桜餅といえば小麦粉を材料にしますが、関西の桜餅は道明寺粉という材料で作ります。私たちが目にするのはこちらですね。

桜もちのことばかり調べていたら、お腹が空いてきました。

甘味材料屋 すかいsky
| 甘味材料屋 すかいSKY | 桜餅 | 18:32 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:32 | - | - |
こんばんわ
桜餅といえばあの香りですよね!
昨日初めて伺ったのは、よかよかでしたよね!
桜餅の今にも匂いそうな綺麗な写真が印象的でした!
こちらが最初のブログですか?
| ヒロシ@TradersCafe | 2007/01/23 7:46 PM |
私もお腹が空いてきました・・・。
| sumi | 2007/01/23 10:54 PM |
☆ ヒロシ@TradersCafe さん
訪問ありがとうございます。
はい、こちらが最初のブログです。
ちょくちょく遊びに来てください。
| 甘味材料屋 すかいsky | 2007/01/23 11:54 PM |
桜餅の葉っぱ、そういえば山本やさんのでした!
わたしは断然道明寺がすきですね^^
また作りたいです♪
| 笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^ | 2007/01/23 11:58 PM |
☆ 笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^ さん
ありがとうございます。
「山本や」ご存知でしたか!?
食べてみたいなぁ〜・・・
私も、道明寺が好きです。
| 甘味材料屋 すかいSKY | 2007/01/24 9:55 AM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ